脱毛クリニック情報!全国皮膚科・美容外科データ

背中脱毛



★医療脱毛ってどんな脱毛法?★

医療脱毛とは脱毛クリニックで行う永久脱毛のことをいいます。

永久脱毛は脱毛サロンで行うことができません。

脱毛サロンで行えるのは半永久脱毛なので、永久脱毛をしたい場合は医療脱毛を受けられる脱毛クリニックに行く必要があります。

医療脱毛にはレーザー脱毛とニードル脱毛の2種類があり、現在の主流はレーザー脱毛です。

レーザー脱毛はレーザーを肌に照射して、毛根の組織を破壊するという脱毛方法で、ニードル脱毛とは細い針を毛穴に差し込み、そこに電気を流して脱毛する方法のことをいいます。

どちらでも永久脱毛が可能ですが、確実性が高いのはニードル脱毛です。

ただし、ニードル脱毛の場合、効果は大きいですが、痛みが強いという問題があります。

人によっては耐えることができず、途中で脱毛をやめてしまうこともあるので、レーザー脱毛を選択する人の方が多いです。

痛みに耐えられるのか心配という人はニードル脱毛ではなく、レーザー脱毛を行っている脱毛クリニックを選ぶようにしてください。



★医療脱毛って即効性はあるの?★

医療脱毛は即効性があるといわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと本当です。

脱毛サロンに通うよりも即効性があるので、短期間で脱毛を終わらすことができます。

脱毛サロンで行っている光脱毛と脱毛クリニックのレーザー脱毛の最大の違いは脱毛器の出力です。

レーザー脱毛の方が出力が高いので、一度の施術の効果が大きいです。

そのため、早めに脱毛を終わらせたい人は脱毛サロンの光脱毛ではなく、脱毛クリニックのレーザー脱毛を受けた方がいいでしょう。

ただ、出力が強いので肌への負担が大きくなります。

肌が弱いと肌トラブルを起こす可能性がありますし、痛みも強くなるので、耐えられない人もいるでしょう。

こういった肌へのリスクがあるので、早く脱毛できるからという理由だけで医療脱毛を受けるのは少々危険かもしれません。

しかし、肌トラブルのリスクは脱毛サロンの光脱毛にもあるので、一番重要なのは信頼できるクリニックを探すことです。